カテゴリー
BLOG

BeatTape”Unfinished”リリースのお話

ビートテープという奴をリリースしました。
リンクはディコグラフィのALBUM欄にあります

完成はしてないけど良い感じの1ループ、1アイディアを羅列したインストアルバム。
去年から今年に掛けて当てもなく作っていた曲のパーツ達にこのために書き下ろした物も加えて15曲にした。
アナログシンセ全開のハードな物もあれば、サンプリング中心のまったりした物もあり。統一性とかはあまり考えないで、とりあえず「これが最近のKO-neyサウンドだぞ」という名刺代わりに作った感じ。ラッパーやシンガーに向けたデモという側面もあるので、気になる曲があったら連絡くださいませ。ここからガツっとブラッシュアップして渡すので。

やってみたかった試みとして市販の声ネタではなく、自分の曲のために録ってもらったリリックのない歌をMPCで更に再構築するという手法をM9の「Invisible Storm」とM11「Survival Strategy」で実践。声をくれたのはフィメールラッパー、MC式部である。

ぶっちぎりでラップ上手い式部ちゃんを呼んでなんて贅沢な事をするんだって感じだが、俺は歌ってる彼女の声が結構好きなのでこの形でお願いした。実は5年ぐらい前からMPCレッスンに通ってくれたりライブに来てくれたりして仲良くなっていたので、このややこしいオファーにも「いいですよ!」って感じで速攻OKしてくれた。マジでありがとう。次は普通に曲作ろう!
そしてこの渋いアートワークは、なんだかんだ15年以上の付き合いになるDJ SHOTOさんによるもの。SHOTOさんは同じMPC2000XL(ブルー)使いのビートメイカーで、昔は使い方の情報共有したりした先輩であり、会うとひたすらゲームの話が出来る最高の先輩である(ジャケの打ち合わせなのに結構な割合でニンテンドー64の話してた)。今回のビートテープにはSHOTOさんが合うだろうと思って初めて仕事をお願いしたらビビるぐらいカッケージャケが送られてきた。本当にあざす。ずっと流れてる共同の楽曲制作そろそろやる時ですな。

ビートテープというと、所謂lofi HipHopと言われるゆる〜いJAZZをサンプリングしたようなループ集を連想していたので自分にはあんまり縁が無いかなとも思っていたけれど、熊井さんが出してるビートテープのシリーズを聴かせて貰って「あ、この感じでもいいんだ」となって自分も出してみようと相成った次第です。

既に次回作も出来そうなぐらい当てのないビートは貯まって来てるので、アルバムやシングルとは別で定期的にリリースしていこうかと。
それまではこのUnfinished、繰り返し聴き続けてくれ。

SHARE

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA