カテゴリー
BLOG

The Lightが出来るまで①Movin’on feat.岩﨑慧- アルバムはここから始まった。

去年シングルで先行リリースしたMovin’ on。
客演はバンド「セカイイチ」から岩崎慧!

カズタケさん主催のセッションイベント、UNDER THE WILLOW NITEで出会ったとにかくソウルフルの一言に尽きる男。慧さんのリリックにもある通り、この曲からアルバムプロジェクトは始まった。

コロナのちょっと前から「一緒に曲やりましょうぜ!」と持ちかけてはいて。ただ持ちかけたその日のライブで慧さんはまぁまぁ酔っ払ってまぁまぁ暴れてらっしゃって「やっぱこの人ちょっとやべぇかも…」ってなってたので、場合によっちゃこの曲は生まれないとこだった。危なかったよ慧さん!後日みんなにめっちゃ謝りながら酒奢ってるとこを見て「あ、この人大丈夫だ!」ってなって良かったよ!

そして2020年2月の末にライブがほぼ全部ぶっ飛んでから集中的に取り掛かって作り上げた。セカイイチの「MOTOR」という曲が好きで、あのちょっと気怠く歌うスモーキーな魅力を存分に発揮して欲しい一心であのトラックを作った。メロディラインもリリックもお任せして待機する事1ヶ月。最初に送られてきた仮録りでもうほぼ今の状態になっていた。いきなりあのサビが流れた時は声出た。1人でにんまりしながら。数年間、薄ぼんやりと「そろそろ纏まった作品出さなきゃなぁ」と考えていたのだが、これがきっかけで全てが動き始めた。というか俺のスイッチが入った。

トラックとしては「ぶっといビートの歌モノ」にするべく、ドラムはMPC60ⅱを使った。コードの音はPoly Sixとms2000、リードはモジュラーシンセのA110。今回のアルバムほぼ全ての曲で大活躍した愛すべき機材達。要するに無骨だけど暖かいサウンドを目指していた。90年代によくあった、HIP HOPの要素を強く持ったR&Bが好きなので。当時だともっと不協和音ギリギリの異物のようなフレーズがループしていたものだが、聴きやすさを優先してサンプリングしたサックスのフレーズを飾り付ける程度に留めた。歌を邪魔しないようにしつつサビの音を豪華にするせめぎ合いに、慧さんのアドバイスも貰いながらかなり時間掛けた気がする。

連続シングル一発目としてリリースした後、若手映像チームtsuchifumazuに依頼して、もう手が付けられないぐらいオシャレなMVも撮ったり、

年明けにカズタケさんがREMIXしてくれたり、

とにかく色んな人が絡んでくれた曲になった。

この曲に限らず今回のアルバムの曲達は総じて、昔から作りたかったけど技術や経験が追いつかなくて作れなかったものがようやく形に出来た曲ばかりだ。「Movin’on」その最たる曲。慧さんのお陰でやりたかった感じをまた一つクリアした。あざす!

もしこの曲で慧さんの歌に初めて出会った人がいたら、その流れでセカイイチもチェックして欲しい。それこそが沢山客演が居る作品の醍醐味だ。

KO-ney – The Light

1 Movin’ on ft.岩崎慧(セカイイチ)
2 The Light ft.Ei kikkawa(The Roomies)
3 高二(一留) ft.呂布カルマ
4 Anger
5 Krush ft. DJ Hiroking(Bron 2 Funk)
6 amy feat.ぜったくん
7 Circulate KO-ney&STUTS
8 春はまだか ft.KMC
9 Blue Moment ft.Tamotsu LeftGroove

🍎 AppleMusic
🎧 Spotify
🌍 more…

SHARE

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA